HOW TO SPEND
お問い合わせ
0120-391839
0143-84-3939

一人旅

日常を忘れ、自分と向き合う“館詰め”一人旅
然るべき立場で、重要な意思決定を繰り返す毎日。充実はしているが、自分の時間がないと感じる。
古来、文豪は、自らと向き合い、新たな何かを生み出すために、温泉旅館に籠ってきた。
日々戦う現代のビジネスマンにもまた、
自分と向き合う“館詰め”の時間が必要なのではないだろうか―。
そう思い立ち、旅に出た。

一人旅

日常を忘れ、自分と向き合う“館詰め”一人旅
然るべき立場で、重要な意思決定を繰り返す毎日。充実はしているが、自分の時間がないと感じる。
古来、文豪は、自らと向き合い、新たな何かを生み出すために、温泉旅館に籠ってきた。
日々戦う現代のビジネスマンにもまた、 自分と向き合う“館詰め”の時間が必要なのではないだろうか―。
そう思い立ち、旅に出た。

1日目

  • 14:30
    新千歳空港から送迎バスで出発
  • 「自分と向き合う時間を作ろう」
    思い立ったらすぐに実行するタイプだ。
    日常を忘れるため、遠く北海道の地に宿を選んだ。
    当日は事前に予約しておいた送迎バスに乗り、
    空港から宿に直行する。
    最低限の着替えだけを持ち、身軽な姿で到着。
    仕事はしっかり片付けてきたことだし、
    スマートフォンの電源も切ってしまおう。
  • 15:30
    “館詰め”の場「望楼NOGUCHI登別」に到着
    「自分と向き合う時間を作ろう」 思い立ったらすぐに実行するタイプだ。
    日常を忘れるため、遠く北海道の地に宿を選んだ。
    当日は事前に予約しておいた送迎バスに乗り、 空港から宿に直行する。
    最低限の着替えだけを持ち、身軽な姿で到着。
    仕事はしっかり片付けてきたことだし、 スマートフォンの電源も切ってしまおう。
  • オーナーお薦めの本や北海道にちなんだミステリー
    小説など、棚に並んだ数多の蔵書から、
    今回の“館詰め”を共にする一冊を探す。
    「今回はこいつにしよう」
    少し分厚めのハードカバーを手に取り、
    ラウンジへと向かう。
    自分と向き合いたいときは、いつも本を読む。
    本は良い友となり、新たなきっかけをくれたりする。
  • 16:00
    「のぐち文庫」で滞在のお供の本を見つける
    オーナーお薦めの本や北海道にちなんだミステリー 小説など、棚に並んだ数多の蔵書から、 今回の“館詰め”を共にする一冊を探す。
    「今回はこいつにしよう」 少し分厚めのハードカバーを手に取り、 ラウンジへと向かう。
    自分と向き合いたいときは、いつも本を読む。
    本は良い友となり、新たなきっかけをくれたりする。
  • 白を基調とするラウンジ「KOMOREBI」。
    時間がゆっくりと流れる中、リラックスできるソファー
    に身を沈め、コーヒー片手にページをめくる。
    邪魔にならないジャズが耳に心地よい。
    今はただ、仕事のことも家族のことも忘れて、
    本に没頭する。久しく感じていなかった、
    自分のためだけに時間を使う贅沢を堪能する。
  • 16:30
    ラウンジでコーヒーを飲みながら読書に明け暮れる
    白を基調とするラウンジ「KOMOREBI」。
    時間がゆっくりと流れる中、リラックスできるソファー に身を沈め、コーヒー片手にページをめくる。
    邪魔にならないジャズが耳に心地よい。
    今はただ、仕事のことも家族のことも忘れて、 本に没頭する。久しく感じていなかった、 自分のためだけに時間を使う贅沢を堪能する。
  • 本を読み続け、気付けば2時間経っていた。
    夕食の前に、大浴場に向かう。
    自然の風を肌に感じながら、白濁の湯が溢れる露天風呂
    に浸かる。緊張で強ばった身体がほぐれ、
    全身の力が抜けていくのを感じる。
    「こんなに疲れていたんだ」
    そんなことに今さら気づいた。
    名湯を堪能しながら、これまでの自分に想いを馳せる。
  • 18:30
    夕食前のひととき大浴場の露天風呂に浸かる
    本を読み続け、気付けば2時間経っていた。
    夕食の前に、大浴場に向かう。
    自然の風を肌に感じながら、白濁の湯が溢れる露天風呂 に浸かる。緊張で強ばった身体がほぐれ、 全身の力が抜けていくのを感じる。
    「こんなに疲れていたんだ」 そんなことに今さら気づいた。
    名湯を堪能しながら、これまでの自分に想いを馳せる。
  • 風呂あがり、リラックスできる作務衣に着替え、
    食事処へ。
    個室に通され、北海道の旬を感じるオリジナル会席
    料理を愉しむ。新鮮なお造りと北海道の地酒が
    非常によく合う。
    何も考えずに食事と向き合うのはいつ以来だろう。
    時間をかけてじっくり料理を味わった後、
    「ごちそうさま」という言葉が自然と口からこぼれた。
  • 19:30
    季節を感じる旬食材を使ったオリジナル会席に舌鼓
    風呂あがり、リラックスできる作務衣に着替え、 食事処へ。
    個室に通され、北海道の旬を感じるオリジナル会席 料理を愉しむ。新鮮なお造りと北海道の地酒が 非常によく合う。
    何も考えずに食事と向き合うのはいつ以来だろう。
    時間をかけてじっくり料理を味わった後、 「ごちそうさま」という言葉が自然と口からこぼれた。
  • 食事の余韻を味わいながら、一人BARへ向かった。
    カウンターのみのシンプルな空間は、
    各々が自由に過ごすことを許している。
    酒の肴は、もう2/3ほど読み進めた一冊の本。
    何気なく手にしたが、今の自分にとって大切なことを
    教えてくれている気がする。程よいアルコールに
    気持ちよくなりながら、ページをめくる。
  • 21:00
    BARでお酒を嗜みながらひたすら本を読みふける
    食事の余韻を味わいながら、一人BARへ向かった。
    カウンターのみのシンプルな空間は、 各々が自由に過ごすことを許している。
    酒の肴は、もう2/3ほど読み進めた一冊の本。
    何気なく手にしたが、今の自分にとって大切なことを 教えてくれている気がする。程よいアルコールに 気持ちよくなりながら、ページをめくる。
  • 本も読み終わり、部屋に戻る。
    まだ寝るには名残惜しいが、どうしようか。
    そう考え、DVDを持ってきていたことを思い出す。
    以前から観よう観ようと思っていたが、時間が取れず、
    後回しになっていた映画だ。
    部屋にプレイヤーがあると知り、持参していた。
    何をしようか悩む、こんな時間もたまには悪くないものだ。
  • 22:00
    就寝までの時間はDVDを見ながらリラックス
    本も読み終わり、部屋に戻る。
    まだ寝るには名残惜しいが、どうしようか。
    そう考え、DVDを持ってきていたことを思い出す。
    以前から観よう観ようと思っていたが、時間が取れず、 後回しになっていた映画だ。
    部屋にプレイヤーがあると知り、持参していた。
    何をしようか悩む、こんな時間もたまには悪くないものだ。

2日目

  • いつもよりゆっくり目覚める。
    だが、朝食まではまだ少し時間があるなと思い、
    部屋の展望風呂に。1人ではもったいないくらいの広さの湯船で、
    登別の名湯に浸かる。
    瑞々しさを感じさせる朝の山々を眺め、思わず息が漏れた。
    朝ゆっくり過ごすことができるのも、旅先での贅沢。
    朝風呂はこんなに気持ち良いものだったのか。
  • 7:00
    翌朝、目覚めに客室の展望風呂で朝風呂を愉しむ
    いつもよりゆっくり目覚める。
    だが、朝食まではまだ少し時間があるなと思い、
    部屋の展望風呂に。1人ではもったいないくらいの広さの湯船で、 登別の名湯に浸かる。 瑞々しさを感じさせる朝の山々を眺め、思わず息が漏れた。 朝ゆっくり過ごすことができるのも、旅先での贅沢。 朝風呂はこんなに気持ち良いものだったのか。
  • 朝食は和食を選択。炊き立てご飯の香りが、
    一日の活力を与えてくれる。
    ごはんに合う優しい味付けのおかずに、食が進んだ。
    いつもは慌ただしく口に収めるだけの朝食が、
    こんなにも大切なものだとは。帰ったら、少し早起きして、
    朝食をちゃんと食べることにしようか、そんなことを
    考えながら、食後のコーヒーを愉しむ。
  • 8:00
    こだわりの朝食を時間をかけてゆっくり味わう
    朝食は和食を選択。炊き立てご飯の香りが、 一日の活力を与えてくれる。
    ごはんに合う優しい味付けのおかずに、食が進んだ。
    いつもは慌ただしく口に収めるだけの朝食が、 こんなにも大切なものだとは。帰ったら、少し早起きして、 朝食をちゃんと食べることにしようか、そんなことを 考えながら、食後のコーヒーを愉しむ。
  • 簡単に荷物をまとめ、セレクトショップ「DO」へ。
    こだわりのセレクションというだけあって、
    北海道にゆかりのある上質なものばかりが揃う。
    こんな時間をくれた家族に何か買って帰ろうか。
    そして、向き合った時間を忘れないためにも、
    自分自身にも。
    「今度は、家族も連れてこようかな。」
    そう考え、帰路についた。
  • 9:00
    セレクトショップ「DO」で旅のお土産を購入
    簡単に荷物をまとめ、セレクトショップ「DO」へ。
    こだわりのセレクションというだけあって、 北海道にゆかりのある上質なものばかりが揃う。
    こんな時間をくれた家族に何か買って帰ろうか。
    そして、向き合った時間を忘れないためにも、 自分自身にも。
    「今度は、家族も連れてこようかな。」 そう考え、帰路についた。
  • 11:00
    新千歳空港から帰路へ

HOW TO SPEND

  • 記念日旅行
    記念日に、2人だけの時間が過ごせる旅に出る
  • 一人旅
    日常を忘れ、自分と向き合う“館詰め”一人旅
  • 夫婦連泊
    贅沢に時間を使うことを愉しむ大人の連泊ステイ
  • 母娘旅行
    親孝行と自分自身のリフレッシュを兼ねた母娘旅